根管治療・歯内療法で出来る限り歯を残す保存歯科|武蔵小金井の歯医者

沼澤デンタルクリニック:各種保険取扱い 新患・急患随時受付

24時間対応:オンライン診療予約

042-384-8811

9:00-12:30 14:00-18:00/19:00

根管治療・歯内療法

構造

歯の中には歯髄(神経)という軟らかい組織があり、根管の先のほうの小さな細い孔(あな)で、顎骨の中の神経や血管とつながっています。

この歯髄が悪化した虫歯や外傷で、細菌の感染を受けたような場合には、歯がひどく痛んだり、歯肉が腫れたりします。

そして、その悪くなった状態を放置してしまうと、結局は歯を失うことになります。

残す根管治療・歯内療法

「歯を残すうえで重要な根管治療・歯内療法」

根管治療・歯内療法とは、一般には歯の根(根管)をキレイにする治療となります。

歯の神経を取ったから、もう痛くならない。あるいは、もう一生大丈夫だと思っている方がいらっしゃれば、それは大きな誤解です。

なぜなら、神経を取った歯はさまざまな危険性が増してしまい、歯の寿命を縮めることにつながっていきます。

食べ物や飲み物を摂る入口である、お口の中は細菌でいっぱいです。ですから歯垢が溜まると口臭がするのです。その細菌だらけの環境の中で、歯の根が細菌感染を起こすことはよくあることなのです。

1本でも多くの保存する

根管治療は一般歯科ですので、どこの歯科医院でも行う治療です。虫歯が深く歯髄に達していれば、虫歯治療とセットで根管治療が行われます。

しかし、この根管治療は、非常に細い歯髄を探りながらの処置となりますので、実は難易度が非常に高い治療なのです。

当院では、再治療や他医院で抜歯を宣告された患者様に対して、歯を残す可能性があれば、あらゆる可能性を模索します。「なるべく歯を残したい」「再治療が多く一向に改善しない」などのお悩みの方は、お気軽にご相談下さい。